松山医療圏 地域医療連携ネットワーク 愛PLAnet
トップ
愛PLAnetについて
基本構想
設立母体
設立の経緯
我が国の将来推計
愛媛県の将来推計
コンセプト
医療連携のシステム化
病床機能と共同運用
医療教育
地域住民の皆様へ
医療機関の方々へ
愛PLAnet 参加医療機関 専用ページ
リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー
愛PLAnetについて
医療連携のシステム化 タイトル

愛PLAnet 第1段階の行動目標は、診療・在宅支援機能の融合で
共同運用によりそれぞれの病床機能を最大限に活用し
可能な限り早期に
治癒 (Cure)あるいは在宅療養支援(Care)を目指します
愛PLAnet
空床情報共有システム
 
 
  愛PLAnetでは、医療の質を維持したまま、費用の削減を模索します。
各疾患に対する医療の標準化をすすめ、より早期の治癒を図り、入院期間の短縮を図ります。入院期間が短縮すれば、入院可能な人数が増えますので、今後利用者が増えたり、医療従事者が減少した場合でも、対応できます。また、治らない病気や回復に長期間かかる場合は、その時々の病状に最適な病床への転院を通じて早期に自宅で療養可能な状態への回復を図ります。そのため、松山赤十字病院を中心に従来行われていた病院間の医療連携をシステム化します。自宅療養(在宅医療)では、かかりつけ医訪問看護師などが強力な療養支援を続けます。
 
 

愛PLAnetは地域全体で必要な方へ、必要な間、シームレス (継ぎ目のない)で良質な医療の提供を目指します。